1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. おためし視聴動画  >  
  3. 第16回全国小学生倉敷王将戦

おためし視聴動画

第16回全国小学生倉敷王将戦

将棋の小学生日本一を争う大山名人杯争奪全国小学生倉敷王将戦が、倉敷市芸文館で行われました。

16回目を迎えた今年の大会。都道府県の予選を勝ち抜いた128人の小学生棋士が、将棋の街・倉敷に集いました。開会式では、伊東香織市長と日本将棋連盟の佐藤康光会長があいさつし、大山康晴十五世名人の孫弟子で、小学生の時この大会で準優勝したという佐藤天彦名人も登場し、小学生棋士を激励しました。この大会では、王位戦七番勝負で二連勝している菅井竜也七段、30連勝の記録を樹立した中学生棋士の藤井聡太四段、そしてその記録更新を阻んだ佐々木勇気六段などが出場、優勝しています。開会式に続き、3回戦の予選リーグが行われ、低学年、高学年それぞれ20分の持ち時間で対局。各組の1位が決勝トーナメントに進みました。過去15回行われたこの大会では優勝をステップに11人がプロ棋士になっていることから、子どもたちもプロに迫る気迫で  対局に集中していました。また会場にはクイーン倉敷藤花の清水市代女流六段と里見香奈女流五冠も駆けつけ、熱戦の様子を見守っていました。

※この動画はおためし視聴用の動画です。
KCT-NetまたはKCT-光サービス加入者の方は、KCTコミちゃん内の動画をすべて視聴することができます。

KCT-Netサービスについてはこちらをご覧ください。
KCT-光サービスについてはこちらをご覧ください。

最終更新日: 2017年9月1日(金) 17:07 担当者:

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040