1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

横溝正史疎開宅へ黒いチューリップ植える

倉敷市真備町にある推理作家横溝正史の疎開宅へ地元信用金庫などから寄贈された黒いチューリップの球根が植えられました。

横溝正史疎開宅を管理運営している管理組合の代表へ吉備信用金庫の清水宏之専務理事から黒いチューリップの球根が手渡されました。吉備信用金庫と地元建設会社社長がチューリップの産地・富山県の砺波信用金庫へ協力を呼びかけ寄贈されたものとあわせて200個用意されました。
さっそく、集まった管理組合のメンバーや吉備信の職員などが1個ずつ丁寧に植え付けていきました。
横溝正史疎開宅では、3年前から金田一耕助が横溝の日記に登場した4月24日を生誕日として、イベントを行っています。
「ブラックチャーム」という品種の黒いチューリップはこのイベントにあわせて咲くようメンバーが育てていきます。
球根を植えた畑は「金田一畑」と名付けて様々な花を育てており今年の倉敷市花いっぱいコンクールで優秀賞を受賞しています。

最終更新日: 2017年11月14日(火) 19:08 担当者: 都間裕子

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040