1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. おためし視聴動画  >  
  3. ライフタウンまび20周年記念 地域交流イベント「まびマルシェ」

おためし視聴動画

ライフタウンまび20周年記念 地域交流イベント「まびマルシェ」

倉敷市真備町にある福祉施設ライフタウンまびで、開設20周年を記念した地域交流イベントが開かれました。

井原線吉備真備駅の前にある介護老人保健施設ライフタウンまびは、1997年12月に開設され、長期・短期の入所およびデイサービスを提供しています。
玄関前の「マルシェ」コーナーには、牛肉の串焼きやタケノコ入りのたこ焼き、ハワイのパン、温かいコーヒーなど、地元のグルメを中心に20のブースが並びました。
手作り雑貨の販売やヨーヨー釣りなどのゲームコーナーも人気でした。
建物の中では、施設で行っているリハビリテーションの体験コーナーがありました。子どもたちは、曲がり角で思うように動かない車椅子に悪戦苦闘です。ライフタウンまびで100歳を迎えた人や、オープンからずっと利用し続けている人を紹介したり、新旧職員が歌と踊りで盛り上げるなど、20周年の節目にさまざまな催しが企画されました。
その中でも注目は、ライフタウンまびが行っている大学との連携事業の紹介です。倉敷芸術科学大学との連携事業では、「デジタルものづくり」をテーマに展開しています。あらかじめパソコンで作っておいたデータをもとに、自動で絵や図柄を縫う「デジタル刺繍ミシン」や立体的な造形を手軽に製作できる3Dプリンターといったデジタル工作機械が展示されました。これらのノウハウを生活に役立てるために、大学と福祉施設が中期的に検討を重ねていきます。
また、去年7月にオープンした地域貢献型福祉農園「まびファームかけはし」については、中国学園大学の学生が参加していて、これまでの取り組みが写真で紹介されました。
そして今年、まびファームの仲間に加わったミニチュアホースの「リーフ」に乗れる体験イベントもありました。馬にまたがった子どもたちは、とびっきりの笑顔を見せていました。同じ会場ではサラブレッドの乗馬体験もあり、馬に囲まれて親子が楽しいひと時を過ごしていました。

※この動画はおためし視聴用の動画です。
KCT-NetまたはKCT-光サービス加入者の方は、KCTコミちゃん内の動画をすべて視聴することができます。

KCT-Netサービスについてはこちらをご覧ください。
KCT-光サービスについてはこちらをご覧ください。

最終更新日: 2017年12月1日(金) 17:33 担当者:

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040