1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

車座ふるさとトーク

海外への岡山県の魅力発信をテーマに外務大臣政務官と倉敷市の企業関係者が意見交換しました。

「車座ふるさとトーク」と題した意見交換会は、堀井巌外務大臣政務官をはじめ特産品の海外展開や観光客誘致に関心のある倉敷市内の企業関係者など13人で行われました。車座ふるさとトークは各省庁の大臣や副大臣、大臣政務官が地方に赴き、少人数での対話を行う事によって現場の声を政府の政策に活かす取り組みです。岡山県では、過去3回開催されていて倉敷では初めてとなります。意見交換会では、去年4月に日本遺産に登録された倉敷美観地区の外国人観光客へのPRの仕方について話し合われました。堀井外務大臣政務官は、「ここに行きたいと思わせるようなインパクトのある写真やポスターは海外で効果が高いので制作してみてはどうか」とアドバイスを送りました。また、地元の参加者は、今年開通30周年を迎えた瀬戸大橋のライトアップの回数を増やしてほしいと要望し、瀬戸大橋がより観光資源としてアピールできるとの声が上げられました。堀井外務大臣政務官は、外国人観光客誘致には他県の観光地と比較するのではなくまず倉敷に住む人が文化・歴史に価値を見出すことが大切だと参加者に伝えていました。

最終更新日: 2018年4月16日(月) 18:08 担当者: 小川暖加

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040