1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

三井E&S造船で進水式

玉野市の三井E&S造船として、初めてとなる進水式が行われました。
この日に合わせ、進水式のための作業着をデニム地に新調しました。

三井造船は今年4月、創立100周年の節目に持ち株会社へ移行し社名を三井E&Sに変更しました。社名変更後、初の進水式では、全長199・99メートル6万トン型のばら積貨物船「STHOSLO」が海上へゆっくりと進んでいきました。また、社名変更にあわせ進水式用作業着を新調しました。若手従業員の意見を取り入れ、丈夫でほつれにくい機能性とファッション性を兼ね備えているデニム地が採用されました。なお三井&S造船では、去年12隻を製造しました。今年は5、6隻の進水式を予定しています。

最終更新日: 2018年5月17日(木) 18:59 担当者: 小川暖加

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040