1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

はしまや さつき展

倉敷市の重要文化財に指定されている楠戸家住宅で、恒例の「はしまやさつき展」が始まりました。

楠戸家住宅の中庭に咲く大きなサツキは、樹齢およそ300年。毎年、サツキが花を咲かせる頃に一般公開しています。しかし、近年樹勢が衰え、花のつきが悪くなっていることに加え、今年は朝晩の冷え込みもあり、例年に比べ、花はまばらに咲いています。それでも日当たりのいい場所には鮮やかなピンク色の花が咲いていて、訪れた人の目を楽しませていました。また、このさつきの公開にあわせて、作品展も開催しています。今回は、「金沢の陶と染・二人展」と題し、金沢久谷を継承する
陶芸家・戸出 克彦さんと、加賀友禅の染色家・戸出 亜子さん夫妻の作品を展示しています。戸出 克彦さんは釉薬をかけた後に、銀箔を貼って焼き上げる「釉面銀彩」という技法を生み出すなど伝統的な久谷焼を守りつつも、新たな技法に挑戦している陶芸家です。また、戸出 亜子さんは、加賀友禅を現在のライフスタイルにどう溶け込ませるかを追究していて、今回の作品展では、麻の生地に友禅の技法で描いた涼やかな作品を展示しています。サツキの公開と二人展は4日(月)まで、倉敷市東町の楠戸家住宅で開催されています。

最終更新日: 2018年7月4日(水) 19:54 担当者: 水川秀樹

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040