1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. おためし視聴動画  >  
  3. 倉敷消防署管内で危険個所を調査

おためし視聴動画

倉敷消防署管内で危険個所を調査

梅雨時期を前に倉敷市ではため池や土砂災害の危険がある場所の調査が行われました。

調査は、毎年、梅雨入り前に倉敷市と消防、警察などが合同で実施しています。今年は、8人が参加して倉敷消防署管内のため池と土砂災害警戒区域あわせて4ヵ所を見て回りました。このうち、倉敷市粒江地内の松の池では、堤防にヒビ割れや水漏れはないか、水位が上昇しても水があふれ出ないかなど確認していきました。倉敷市内には現在823カ所のため池と岡山県が指定する土砂災害警戒区域が600カ所あります。きょう調査した4カ所では急を要する危険個所はありませんでした。

※この動画はおためし視聴用の動画です。
KCT-NetまたはKCT-光サービス加入者の方は、KCTコミちゃん内の動画をすべて視聴することができます。

KCT-Netサービスについてはこちらをご覧ください。
KCT-光サービスについてはこちらをご覧ください。

最終更新日: 2018年6月30日(土) 18:49 担当者:

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040