1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

総社市 被災家屋の解体・撤去の受付開始

総社市は西日本豪雨で被災した家屋について解体・撤去するための受付を始めました。
受付は総社市役所、下原地区、昭和地区で行っています。アルミニウム工場の爆発と浸水の被害のあった下原地区では公会堂に設けた出張所で受付しています。
午前9時の開始を前に住民が訪れました。申請対象となるのはり災証明で全壊・大規模半壊・半壊の建物です。市が解体・撤去を行う公費解体と個人が自費で解体・撤去を行い、市が費用を償還する自費解体があります。下原出張所の職員は地域を回り、住民の被災状況を把握しています。り災証明や被災状況を示す写真など書類を確認しながら、住居以外の車庫や塀の配置なども記載するように伝えていました。被災家屋の解体・撤去の受付は来年3月31日まで市役所・下原出張所・昭和出張所で行われます。

最終更新日: 2018年9月13日(木) 18:21 担当者: 金田 さや香

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040