1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

倉敷市議会12月定例会開会

倉敷市議会12月定例会が開会し伊東香織倉敷市長は真備町に災害公営住宅の整備を検討していることを明らかにしました。

倉敷市議会12月定例会はきょう(5日)から21日までの17日間と決め、平成30年7月豪雨からの復旧・復興のための補正予算案のほか50案を上程しました。一般会計補正予算案は復旧・復興のための経費を中心に85億7500万円で、累計で2、330億4、800万円余り前年度と比較して28・6%増となります。伊東香織倉敷市長は議案の提案理由説明に先立って豪雨災害の時に被害があった道路や橋梁などの公共土木施設900件のうちおよそ850件は復旧作業が完了していることを報告しまた、市の独自の制度として真備町に災害公営住宅の整備を検討していることを示しました。
12月定例会は11日(火)から一般質問が始まり21日(金)に閉会する予定です。

最終更新日: 2018年12月5日(水) 19:12 担当者: 十亀遥

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040