1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

稚鮎の放流

高梁川漁業協同組合は今年初めての稚鮎の放流をしました。


稚鮎の放流は水産資源の保護のため、高梁川漁協が毎年4月から6月にかけて行っています。今年初の放流は総社市で行われ、神在小学校4年生23人が参加しました。児童はおおきくなってと、稚鮎の成長を願いながら放流していきました。去年までは高梁川のアユから卵をとり養殖して放流していましたが、総社市のアルミ工場隣にある養殖場が西日本豪雨による工場爆発で壊滅的な被害を受け、卵の孵化には間に合いませんでした。養殖池20カ所うち、10カ所の復旧が終わり、今年は岩手県栽培協会から購入したおよそ60万匹の稚鮎を育て、この日は3万匹の放流となりました。高梁川漁協の養殖場は設備資材が不足しているため今年中の復旧見込みとなり、高梁川のアユの卵から孵化した稚鮎の放流は再来年になる予定です。

最終更新日: 2019年4月17日(水) 14:55 担当者: 南原隆志

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040