1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

高齢者の自転車安全教室

春の交通安全運動の一環として倉敷市は、高齢者を対象とした自転車教室をひらきました。

倉敷市中島で行われた教室には、普段から自転車を使っている25人の高齢者が参加しました。はじめに、倉敷市の職員が信号を渡るときなどは、必ず右後ろを確認することや、荷物はハンドルにかけずに、かごや、後ろの荷台にくくるよう説明しました。倉敷警察署管内では、今年1月から自転車に乗る高齢者の人身事故が4件発生しています。教室では、実際に広場を使って正しい乗り方や安全確認の方法を学びました。参加者は、自転車の左側から降りることや、ふらつかないよう遠くを見て運転することなどを意識し、慎重に走っていました。
【インタビュー】・参加してー(1人)
・倉敷警察署杉田龍弥交通官

教室では、自転車用の反射材を配って安全を呼び掛けていました。
終わり♯

最終更新日: 2019年5月18日(土) 18:09 担当者: 小西陶子

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040