1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. KCTワイド・KCTニュース  >  
  3. 放送

KCTワイド・KCTニュース

連島中学校芸術鑑賞 カリブの民族音楽に触れる

倉敷市立連島中学校で芸術鑑賞会が行われ、カリブ海の島国、トリニダード・トバゴ発祥のスティールパンによる音楽を堪能しました。

連島中学校を訪れたのは国内外で活躍するスティールパンオーケストラのPAN・NOTE・MAGIC(パン・ノート・マジック)です。
連島中学校職員の知人を通して芸術鑑賞のゲストに招かれました。
連島中学校では1年ごとに音楽、演劇、古典芸能とジャンルを変えながら芸術鑑賞をしており、今年は、カリブ海の民族楽器による音楽を聴きました。
使われた楽器はスティールパンと呼ばれるドラム缶を使った打楽器で、金属面の叩く場所を変えることで音階を変えて演奏します。
鑑賞会では、楽器の歴史や仕組みが紹介され、その後、生徒の代表が実際にスティールパンに触れました。
即興の演奏に会場からは温かい拍手が贈られました。
さらに、会場では赤いバンダナを使って身体全体で音楽を楽しみました。
芸術鑑賞会はおよそ1時間行われ、集まった生徒と地域住民は普段触れることのないカリブ海の民族楽器による音楽を楽しんでいました。

最終更新日: 2019年10月9日(水) 18:27 担当者: 南原隆志

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040