1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. 魚っちんぐ  >  
  3. ブログ

魚っちんぐ

[2018/02/19]  2018年3月放送「極寒のチヌ釣り]

極寒の冬が続きます。それでも海に出かけるのが釣りバカです。さて、今回、宇野沖でチヌが釣れているとの情報をいただき、赤木渡船を利用して出かけました。当日の気温は氷点下です。小指と薬指が一体化する感覚。
 そんな状況で降りた磯は丸山(太郎)というところ。人の名前のようです。東の磯におりましたが、少し西風があたります。仕掛けは、オキアミがゆっくり沈むことを想定してG7のウキでスタート。ウキ下は3ヒロ取りました。

冷え込みが続いていたので、エサ取りが出るのも時間がたってからだろうと思っていたら早速、竿が曲がるではありませんか!グーン。グーン。?チヌではない?・・・。大きなフグが釣れました。寒さの中、エサ取りがいることに感動を覚え、仕掛けを流していきます。右にフラフラ、左にフラフラ。潮が落ち着きません。すると、北側に見える山の上が真っ白に。雪ですね。陸上の皆さんの心配をしていたら西から雪がやってきました。寒さもピークですわ。仕掛けを回収して針が手に刺さっても何も感じない。釣りどころではなく、お昼ご飯にカップ麺でも食べようかと簡易ガスコンロを持っていたので、お湯でも沸かして温まろうとヤカンをかけて、時々、指をヤカンにあてて、寒さをしのぎました。(やけどの可能性があるので、マネはしないでくださいね)そして、撒き餌を打ち始めて2時間ほどど経過したところで、潮が安定し、一緒に竿を出している森脇氏(私の師匠で番組出演者です)の竿に期待していたあたりが出ました。時折、コツコツと引っ張る感じがチヌであることを物語りました。上がってきたのは銀鱗輝く寒チヌです。釣りあがった魚体はやはり冷えていて、水温の低さを感じました。その後、、、私にはフグだけ。森脇氏は最後に一枚追加して納竿となりました。
 

  • 関連メール: sakana@kct.co.jp
前へ
最近のエントリー
ブログ内検索

ブログのタイトルと本文から、検索を行います。

「検索キーワード」と「スペース」と「検索キーワード」を入力いただき、[検索する]ボタンをクリックするとand検索ができます。

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040