倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTワイド・KCTニュース

KCTワイド 月~木/17:00~17:25 他   KCTニュース 金・土・日/17:00~17:15 他

倉敷工ベスト4進出ならず

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
いて、夏の高校野球岡山県大会11日目の注目カードをダイジェストでお伝えします。
2003年以来の夏の甲子園を目指す倉敷工業は、岡山学芸館と対戦しました。

試合は倉敷工業・福島、岡山学芸館・丹羽の両先発が好投。
4回まで0対0と投手戦が続きます。
この均衡を破ったのは倉敷工業。
5回裏の攻撃、6番・友杉のツーベースヒットなどでワンアウト三塁のチャンスを作り、バッターはきょう好投の福島。
センターに運んだ打球が犠牲フライとなり、1点を先制します。
追いつきたい学芸館は8回表の攻撃、9番・溝上、1番・好田の連打などで、ツーアウト2・3塁とします。
ここでバッターは3番・知念。
センターへはじき返した打球は2点タイムリーヒット。
ここまで無失点の倉敷工業・福島を攻略しました。
岡山学芸館は丹羽に続いて7回からマウンドに上がったエース中川も好投。
終盤の3回、倉敷工業を無失点に抑え、準決勝へ進出しました。
  • 最終更新日:2019年8月14日(水) 13:55
  • 担当者:横山佑輔

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040