倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

KCTニュース 月~木/17:00~17:30 他   KCTニュース 金・土・日/17:00~17:15 他

玉野市に東海道五十三次がやってきた!!

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
江戸後期の浮世絵師歌川広重が描いた代表作「東海道五十三次」が玉野市で公開され、多くの市民が浮世絵の傑作を楽しみました。

中央公民館ギャラリーには貴重な名画をみようと、開場前から100人を超える長蛇の列ができました。東海道五十三次は歌川広重が、江戸から京都まで53の宿場を描いた風景版画です。今回は、静岡県のMOA美術館が所蔵する「保永堂版」と呼ばれる初版全55作品のうち、出発点の日本橋をはじめ、箱根や終着点の京都など選ばれた10点が展示されました。雪が降りしきる夜更けの情景を表現した「蒲原夜乃雪」という作品は、人物の足に黒く掘り残しがあり、初版ということが裏付けられる作品です。
学芸員によるセミナーも開かれ作品の解説も行われました。

【インタビュー】訪れた人はー

今回の公開は1日限りで昼までに1000人を超える人が訪れ、浮世絵の傑作を楽しんでいました。
  • 最終更新日:2020年2月1日(土) 19:56
  • 担当者:十亀遥

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040