倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他   金・土・日/17:00~17:15 他

月~木/17:00~17:30 他
金・土・日/17:00~17:15 他

写経仏画・パッチワーク展

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
お経の文字で仏の絵を描く写経仏画とパッチワークの作品展が、倉敷市の児島市民交流センターで開かれています。


会場には、倉敷市児島唐琴の藤田祐子さんが指導する写経仏画とパッチワークの教室生の作品およそ200点が並びます。
2年に1回のペースで作品展を開いていて、今回で6回目を迎えました。
写経仏画は、数ミリの文字で般若心経や観音経を連ねて仏などを描くものです。
写経仏画を始めて3年の藤井豊さんは、般若心経で大日如来を描きました。
如来の冠の細かい部分はわずか2ミリほどの文字になっていて、半年以上かけてこの1枚を手掛けたそうです。
また、パッチワークの作品は、タペストリーやバッグ、小物などさまざまなものが並びます。
教室生の中で最年長・93歳の依田昭子さんは、チューリップのタペストリーを作りました。
デザインに合わせて置いた布に黒いテープを縫い付けるステンドグラスキルトという方法で、花びらや葉の重なりを意識して仕上げました。
今回の作品展は、製作期間が新型コロナウイルスの自粛期間と重なったこともあり、これまでの2倍に近い作品数となっています。
写経仏画とパッチワークの展示は、今月27日(土)まで児島市民交流センターで開かれています。
  • 放送日:2021/11/22(月)
  • 担当者:森絢子
おすすめ記事
新型コロナワクチン 高齢者向け3回目接種の予約始まる
玉野市役所建て替え 2025年度完成の方針案を提示
倉敷美術サンガ あちてらすぽっとで絵画展
倉敷・児島の民話 「金浜の伝説」がアニメ化
1月12日新型コロナ感染 県内87人 倉敷23人 総社1人 玉野1人
1月10日新型コロナ感染 倉敷18人 総社1人 県内59人
解体前の壁画に命を吹き込む 高校生の巨大壁画アート
玉野市 新型コロナワクチン 3回目接種券を17日から順次発送

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040