倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他   金・土・日/17:00~17:15 他

月~木/17:00~17:30 他
金・土・日/17:00~17:15 他

倉敷市12月から 性的少数者パートナー制度導入

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
倉敷市の伊東香織市長はきょうの会見で性的少数者のカップルを結婚相当と認める「パートナーシップ宣誓制度」を12月から導入すると発表しました。
県内の自治体では3例目です。


「パートナーシップ制度」はLGBTなど性的少数者のカップルを結婚に相当する関係として自治体が認める制度です。
対象は倉敷市内に住むカップルで市に宣誓書を提出することで受領証が交付されます。
法的な効力はありませんが倉敷市では宣誓したカップルに対し市営住宅での同居や市民病院での手術の同意など家族と同じの扱いを受けられるようになります。
倉敷市では制度を導入することで民間でも広がっていくことを期待しています。
この制度の導入は県内では総社市、岡山市に続き3例目となります。
  • 放送日:2021/11/22(月)
  • 担当者:岡村祐紀
おすすめ記事
決意新たに 倉敷市消防出初式
地元農家がプロデュース ロコロコ・マルシェ 初開催
成人式特集2022 早島町
県内の薬局など 新型コロナの無料検査はじまる
1月8日新型コロナ感染 県内67人  倉敷13人 総社1人
感染急拡大で岡山県 国にまん延防止措置を要請
玉野市立中央公民館 客船やフェリー 模型が集合
大手食品メーカーとタッグで地域活性化 倉敷市が明治と包括連携協定

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040