倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他   金・土・日/17:00~17:15 他

月~木/17:00~17:30 他
金・土・日/17:00~17:15 他

<ハイライト>女流将棋・倉敷藤花戦 里見倉敷藤花が7連覇

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
女流将棋のタイトル戦大山名人杯倉敷藤花戦が、20日と21日に指されました。
三番勝負で先に勝っていた里見香奈倉敷藤花が苦しみながらもタイトルを防衛しました。タイトル7連覇に王手をかけた里見加奈倉敷藤花ですが、倉敷での第二局は挑戦者の加藤桃子清麗に序盤からペースを握られます。
中盤で思わぬミスもあり、一方的な展開に。
大盤解説を務めた菅井竜也八段も、首をかしげました。
結局、里見倉敷藤花は挽回することができず、第二局を落としました。
今年の秋は4つのタイトル戦を並行して戦うなど、女流棋士になってから最も忙しいという里見倉敷藤花。
加藤清麗には3日前に別のタイトル戦で敗れていて、非常に苦しい状況となりました。
そんな中、迎えた運命の第三局。
振り駒で加藤清麗がやや有利とされる先手番に決まり、タイトル防衛に不安がよぎります。
そして、開始から5分で30手ほど進むという極めて早いペースで対局が進みます。
先に攻めたのは加藤清麗でしたが、ここは経験豊富な里見倉敷藤花。
終盤にかけて攻めに転じ、劣勢とみられていた状況を逆転。
勝利をたぐり寄せました。
解説の菅井竜也八段もうなるほどの大熱戦でした。
トップレベル同士の激しい対決を制した里見倉敷藤花。
トロフィーを手にするのはこれで12回目です。
そして7連覇を達成し、清水市代初代クイーン倉敷藤花の記録に並びました。
  • 放送日:2021/11/22(月)
  • 担当者:六路木謙治
おすすめ記事
JFE西日本硬式野球部 シーズン開幕に向け必勝祈願
岡山県 新型コロナ レベル2引き上げ オミクロン株特別警戒期間に
児島舞台の自主映画 第4弾「ちゃりへん♪」製作開始
児島の学童軟式野球・レインボーズ 地域清掃&必勝祈願
晴れの国岡山駅伝 中止決定
総社市山手地区 セロリの産地継承進む
成人式特集2022 総社市
1月14日 新型コロナ感染 県内202人 倉敷51人 総社3人 玉野2人 早島1人

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040