倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

総社市議会8月定例会開会 デジタル化推進費など予算案提案

総社市議会8月定例会が開会し住民サービス向上を目的にデジタル化を進めていく費用などを盛り込んだ補正予算案を提案しました。

総社市議会8月定例会で提案された一般会計補正額は12億1600万円です。
このうちデジタル化推進事業には162万円を当てています。
具体的には、ChatGPT機能を使った対話応答型サービスの提供です。
市の公式LINEを活用して市民の問い合わせに対応することで住民サービスのデジタル化を進めていきます。
そのほか、今年5月の大雨で被害を受けた山田地区と新本地区2つの河川の復旧工事に2600万円、障がい者見守り支援事業として1件あたり3万円を上限としたGPS機器の購入助成に33万円を当てています。
総社市議会8月定例会は30日(水)から一般質問が始まり、9月14日に閉会する予定です。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/08/24(木)
  • 担当者:引地 麻衣夢
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
総社での創業をサポート 吉備信金が新たな創業支援事業発表
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
真備・船穂総おどり まびふれあい公園で初開催
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
真備中学校美術部 井原線橋脚に壁画を描く
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
課題と対策学ぶ 「個別避難計画」作成に向け研修会

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040