倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

玉野・渋川マリン水族館 昔から日本に生息するカメを展示

昔から日本の川や池に生息するカメの企画展示が玉野の渋川マリン水族館で開かれています。

秋の企画展「古来から日本の川に生息するカメ」と題された水槽には、昔から日本の身近な川や池などで見られる3種類のカメが展示されています。
黄土色で後ろの縁がギザギザしている甲羅が特徴のニホンイシガメは、日本固有のカメとして本州から九州にかけて広く生息しています。
水が綺麗な河川や水路を好んで生息しますが、外来種の増加などの理由から現在ではその数は減っています。
また、クサガメは黒い甲羅に3本の隆起を持ち、顔に黄色の線が入っているのが特徴です。
クサガメも九州から本州にかけて広く生息していています。
こちらはカメのなかでも食用のイメージがあるスッポン。
やわらかい甲羅と長い首が特徴です。
呼吸は水面まで長い首を伸ばしとがった鼻で行います。
大きいもので60センチ以上に成長する個体もいるそうです。
この展示は現在、川で見かけるカメには外来種のカメが多いため昔から日本に住んでいるカメを知ってもらおうと開かれました。
秋の企画展「古来から日本の川に生息するカメ」は来月(11月)23日(木)まで開かれています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/10/16(月)
  • 担当者:岩本 在斗
おすすめ記事
倉敷周辺のゴールデンウィーク イベント情報2024
個性豊かな作品が集結 倉敷京都国際文化交流展
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
子どもたちが忍者修行 体験イベント「忍者でござる!」
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
岡山の建築家グループ 古民家再生工房 35周年記念展
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
出水期前に 水島でため池・急傾斜地の点検

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040