倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷・柳井原地区 堤防沿い道路完成で住民が歩き初め

倉敷市船穂町柳井原地区に堤防沿いの新しい道路が完成し、25日の開通を前に地域住民が歩き初めしました。

完成したのは、倉敷市船穂町柳井原から真備町川辺を通る約2kmの歩行者・自転車専用道路と、県道下原船穂線のバイパス部分760mの区間です。
小田川と高梁川との合流部分を約4.6km下流へ付け替える工事にともない、柳井原貯水池の堤防を整備する一環でできた道路です。
歩行者・自転車道は幅7mで、新しい小田川の流れを見ながらゆったり通れます。
また、県道のバイパスは柳井原小学校の交差点からも入れるようにして、小学校付近の安全性向上も期待されます。
きょう(23日)は、25日午前10時の開通を前に、地元住民へ道路を開放しました。
住民は工事による柳井原貯水池の変化などを確認しながら、広々とした新しい道路を歩きました。
また、県道のバイパス部分はきょうに限り、自転車やスケートボードも開放し、子どもたちが思い思いに楽しんでいました。

完成記念イベントではスタンプラリーが行われました。
バイパス道路の端から端まで歩いた住民に、温かい豚汁が振舞われました。
イベントには堤防道路の整備に携わった工事業者も参加し、住民をもてなしました。
また、高所作業車が登場。
12mの高さから新しい道路を見学です。
ダイナミックな光景を目に焼き付けていました。

なお、小田川と高梁川の合流点付け替え事業は、今年度末の完了を目指しています。
現在工事の進捗率は90%となっています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/12/23(土)
  • 担当者:六路木 謙治
おすすめ記事
倉敷周辺のゴールデンウィーク イベント情報2024
倉敷市林・熊野神社 第4殿の改修着手
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
「そうじゃ出産おめでとうギフト」贈呈スタート
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
日本拳法全国少年大会 総社市の道場が優勝を報告
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
学校教育に役立てて 倉敷市の企業が市に寄付

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040