倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

4年ぶり開催 「くらしきこの器この花展」

倉敷で活動する陶芸と華道のアーティストによる「一期一会」の作品展が、倉敷市民会館で開かれています。

倉敷の陶芸家が手掛けた作品に、倉敷の華道家が花を生ける「くらしきこの器この花展」。
どの器に花を生けるかは抽選で決められるため、毎回思いがけない作品が出来上がります。
4年ぶりの開催となった今回は、陶芸家、華道家それぞれ38人が出品しています。
スイセンやサクラなど、春の訪れを感じさせる作品も多く並びます。
倉敷市華道連盟の会長を務める池坊の稲生和代さんは、玉島陶芸会の青木明美さんの器に生けました。
また、倉敷陶友会の会長を務める天神窯の岡本篤さんは、龍をイメージした器を出展し、未生流の木曽博甫さんがそれに見合ったイメージで生けました。
会場のステージでは、琴と尺八の生演奏があり、器と花を楽しみながら鑑賞できます。
また、お茶席も設けられ、和文化の総合芸術展として、多くの来場者でにぎわっています。
「くらしきこの器この花展」は、4日(日)まで開かれます。
お茶席の券が付いて300円で入場できます。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/02/02(金)
  • 担当者:六路木 謙治
おすすめ記事
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
倉敷市議会2月定例会開会 防災対策費など補正予算案を提案
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
春の火災予防運動を前に 玉野市消防本部で市長特別点検
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
倉敷アブレイズ Ⅴ3リーグ優勝 初代王者に
あす開催 そうじゃ吉備路マラソン 県立大生がランナーに浅漬けつくる
総社市新年度当初予算案 人口増に挑戦 過去最大358億円

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040