倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

「それぞれの日本画研究会」作品展

倉敷市を拠点に活動する絵画グループ「それぞれの日本画研究会」による作品展が、倉敷市立美術館で開かれています。

倉敷市立美術館の日本画講座卒業生を中心に結成した「それぞれの日本画研究会」では、2年に一度、作品展を開いています。
今回で12回目を迎え、メンバー12人と講師を務める片山眞理さんの作品あわせて39点が展示されています。
岩絵の具を使い、金・銀をキャンバスに張り付ける日本画の技法で、メンバーそれぞれが描きたいものを自由に表現するのがグループのモットーです。
世界中を旅する清水治美さんは、南米・ペルーの世界遺産を題材にしました。
標高2400mの高原で飼われているリャマのバックには、マチュピチュ遺跡が広がります。
濡れた筆でさっとキャンバスを拭くことで、霧でかすむ遺跡の幻想的な様子を現しました。
こちらは、メンバー最高齢の名取秀子さん90歳が描いたアジサイです。
正確な描写が得意の名取さんは、色合いやイメージを大切に、時間をかけて仕上げた作品です。

絵画グループ「それぞれの日本画研究会」による作品展は、12日(日)まで、倉敷市立美術館で開かれています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/05/08(水)
  • 担当者:六路木謙治
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
サントピア岡山総社 プール開きに向け神事
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
倉敷工業高校  女子生徒がロケット開発に挑戦
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
食べ物の大切さ学ぶ 農マル園芸で田植え体験
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
ROCKなアートが集結 ロック好き作家29人の作品展

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040