倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

医療従事者の仕事を体験   倉敷中央病院「オープンホスピタル」

倉敷中央病院で子どもたちが病院の仕事を体験するイベントが開かれました。

倉敷中央病院で開かれたイベント「オープンホスピタル」には、病院の業務体験をはじめ検査や体などについて学べる32のコーナーが用意されました。
外来の診察体験では、白衣を着た子どもたちが実際の診察室で医者になりきり模擬診察を体験。
看護師のブースでは、注射器を使って薬の注入や点滴を体験したほか、ユニフォームで記念撮影も行いました。
薬剤師体験ではお菓子を薬に見立て、処方箋を見ながら調剤します。
機械を使って1回の服用分ずつ袋に入れていきました。
特に人気だったのはオペ室での体験です。
手術センターの一部を開放し、手術用のガウンと帽子を身に着けた子どもたちが手術室に登場。
実際の手術で使う内視鏡で覗きながらかんしを使って内臓の模型を動かしたほか、3Dの顕微鏡では専用のサングラスを使って、モニターに映し出された対象物が、大きく、そして立体的に見える様子を体感しました。
手術で使う器具も使い方を教わって体験します。
こちらでは、切ったおなかの中を器具で開いて見る時と同じ動作に挑戦です。
縫合した後の糸さばきにも挑戦しました。
子どもたちは苦戦しながらも両手で違う器具を扱いながら糸を結んでいました。
倉敷中央病院では、小中学生を対象に体験イベントやスタッフとの交流を通じて医療従事者の仕事に興味をもってもらおうと、病院の仕事が体験できる「オープンホスピタル」を2017年から開催しています。
今年のオープンホスピタルには約1750人が参加しました。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/06/12(水)
  • 担当者:引地 麻衣夢
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
1日未明から昼前 県内で大雨 倉敷市に警報発令
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
総社市「スーパーファストパス」で大臣認定 オンライン給付金申請システムを実装
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
パリ五輪 自転車日本代表・太田選手 玉野市が応援幕設置
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
西日本豪雨災害から6年 倉敷市・総社市で犠牲者を追悼

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040