倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

新溪園で神具・三宝の手作り体験

倉敷美観地区にある新溪園では日本の伝統技術を使った神具=三宝のワークショップが開かれました。

三宝とは神仏へのお供え物を乗せる台のことで、木の板にスリットを入れて曲げる日本遺産認定の技=挽曲げと呼ばれる技術が使われています。
ワークショップではその挽曲げを体験しようと県内外から50人が参加しました。
講師には三宝発祥の地・奈良県下市町にある吉谷木工所で神具を制作している吉谷侑輝さんが招かれ、三宝の作り方を伝授しました。
参加者の前には事前にスリットを入れた檜(ひのき)の木材が用意され、早速挽曲げの技術を体感です。
しなやかに曲がる木材を目の前に受け継がれてきた伝統の技を噛みしめている様子でした。
このワークショップは時代とともに需要が減った三宝を後世に受け継ごうと、伝統技術を現代の暮らしに取り入れる活動をしている倉敷市の花結木が初めて開きました。
“神具から新具へ”を合言葉に花結木と吉谷木工所は挽曲げの技術を取り入れたコラボ商品「八宝箱」を制作しています。
また、きょう6月16日の和菓子の日にちなみ、倉敷美観地区をイメージした生菓子が用意されたほか、倉敷ガラスで抹茶を愉しみました。

花結木は、来年水引を制作するワークショップを開催する予定です。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/06/16(日)
  • 担当者:宮本梨里
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
倉敷まきび支援学校 真備町の交流施設で焼き菓子販売
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
吉備真備駅の七夕飾り
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
倉敷ビューティーカレッジ  校内アップスタイルコンテスト
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
表現の幅は無限大 クラフトバンド編み作品展

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040