倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

力作108点がずらり  吉備再発見写生大会入賞作品展

総社市の名所を描く吉備再発見写生大会の入賞作品展が総社市民ギャラリーで開かれています。

吉備再発見写生大会は、総社の魅力を感じてもらおうと毎年開かれているものです。
今年は、備中国分寺や宝福寺、清音ふるさとふれあい広場、豪渓の4つの会場で開催され、総社市を中心に未就学児から高校生まで212人が参加しました。
入賞作品展には、特別賞を含む金賞、銀賞、銅賞、入選、がんばったで賞の108点が展示されています。
最も高い評価の文化協会会長賞には、ノートルダム清心女子大学付属小3年生の川田華子さんが選ばれました。
普段は見られない五重塔初層の内部までしっかりとした線で描きました。
続く教育長賞には、総社西中学校3年の黒原実悠さんと山陽学園高校2年生の下浦静佳さんが選ばれました。
黒原さんは、宝福寺の広い境内を遠近感を用いて一枚にまとめました。
下浦さんは、重厚感のある塔と生き生きとした樹木を表現しました。
どの作品も画面いっぱいにのびのびと描かれていて、吉備の魅力を感じる力作が揃いました。
吉備再発見写生大会の入賞作品展は23日(日)まで、総社市民ギャラリーで開かれています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/06/18(火)
  • 担当者:引地 麻衣夢
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
総社市の小学生 着衣泳で身を守る練習
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
総社市昭和地区 「美袋防災の日」に合わせ避難訓練
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
玉野海上保安部 漂流者の人命救助を表彰
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
真備・船穂総おどり 本番前に練習会

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040