倉敷・総社・玉野のパン屋さん情報サイト

おすすめ情報

【井笠地域初】高級食パン専門店「侍が恋するパン屋」が矢掛町にオープン!
  • おすすめ情報

【井笠地域初】高級食パン専門店「侍が恋するパン屋」が矢掛町にオープン!

矢掛町の旧山陽道矢掛宿沿い。趣のある町並みの中に高級食パン専門店「侍が恋するパン屋」が3月6日にグランドオープン!

倉敷や総社では、すでに全国的に人気の高級食パン専門店が出店していますが、井笠地域では初めての高級食パン専門店で、地元の人たちの注目を集めています。

3月1日のプレオープンに行ってきました!

侍が恋するパン屋ってどんなお店?

店主の宮崎雄介さんは、宿場町矢掛の古民家で生パスタやハンバーグを提供する人気のお店「侍イタリアン」のオーナーシェフです。

矢掛町を「食」で盛り上げたいと事業を展開していて、今回井笠地域初の高級食パン専門店をオープンしました。

ちなみになぜ「侍」なのかというと、宮崎さんの雰囲気や生き様が「侍」のようであることから名づけられたそうですよ!

メニューは高級食パンとメロンパンの2本柱

侍が恋するパン屋のメイン商品は「侍が恋する生食パン」と「感動の赤肉メロンパン」です。

どちらのパンも食材は「国産」のものを使っていて特に「北海道産」のものが多く使われています。

侍が恋する生食パン(1本980円)

矢掛町初の高級生食パンはふんわり、もっちり食感で「やさしく溶け合うほのかな甘さ 一度食べるとあなたもパンに恋します♡」とのこと!

高級食パンといえば、ハチミツなどを入れることで甘さを出すのが定番だそうですが、こちらの生食パンは、ハチミツを使わずに素材の甘さで勝負しているそうです。

プレオープン初日は70本の食パンがお昼にはすべて売り切れるほどの人気でした。

侍が恋する生食パンは出来立てから2時間経ったくらいが甘さが浸み込んで美味しいですよ。

感動の赤肉メロンパン(1個330円)

北海道の赤肉メロンの果汁を生地に練りこんだ贅沢な赤肉メロンパンです。

主原料となる小麦には北海道でも希少な「はるよ恋」を使用。パンの美味しさを左右する鶏卵も北海道で採れたものを使用していて、純北海道のメロンパンです。

出来立てを食べると感動すると思います。私たちも作った時に感動して「感動の赤肉メロンパン」と名付けました。

パクっ。こ、これは!!ふわっふわを通り越して、とろけるようなメロンパンです!これは出来立てを是非食べてほしい。

パイも販売

このほか「ベーコンポテトパイ」や「抹茶小倉パイ」も販売しているそうです。

今後は高級食パンを使ったフルーツサンドや、メロンパンを使ったマリトッツォも開発するとのことですよ~

楽しみです~!

3月1日~3日、5日はプレオープン

「侍が恋するパン屋」は3月1日、2日、3日、5日は午前10時からプレオープンとなっています。プレオープン期間中は、高級生食パンは70個、赤肉メロンパンは90個限定販売となっています。

グランドオープンは3月6日(日)です。

店舗情報

店名侍が恋するパン屋
住所岡山県小田郡矢掛町矢掛3058
営業時間10:00~18:00(売り切れ次第終了)
駐車場なし ※近くに観光駐車場や有料駐車場(1時間無料)あり

「侍が恋するパン屋」は4日のトクもりっで詳しく紹介しますよ~!

この記事が気に入ったらシェアしよう

掲載情報は、2022年3月1日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合がありますので、詳細は店舗様へお問い合わせください。掲載情報の訂正・間違いのご報告はこちら