【特集】ベルギーワッフルだけじゃない!倉敷で人気のワッフルを一挙紹介

ワッフルと言えば、どんなワッフルを頭に思い浮かべますか?

2021年春、JR倉敷駅前に人気のワッフル店がオープンしました。ベルギーワッフルおいしいですよねぇ(^^♪

でも、倉敷にはベルギーワッフルだけでなく、まだまだいろんな種類のワッフルがあるんですよー

軽食やおやつとして食べられるワッフルですが、 実は種類がたくさんあって奥が深いんです!今回の記事では「倉敷で人気のワッフル特集」として、倉敷で食べることが出来るワッフルをご紹介します!

※この記事は、2021年5月21日に「トクもりっ(倉敷ケーブルテレビ)」で放送した内容をもとに作成しています

ベルギーワッフル専門店 マネケンJR倉敷駅店

まずはJR倉敷駅の改札正面にオープンしたベルギーワッフル「マネケン」♪ご存知の方も多いと思います!

店頭にはチョコレートやメープル、アーモンドなど焼きたてのワッフル6種類が常に並べられていて、あま~~~~い香りが漂っています。

なかでも1番人気は、はちみつとバターの風味が豊かな「プレーン」。ベルギー産のパールシュガーというつぶつぶの砂糖がかかっているため、外はサクッと中はふんわりとした独特な食感が愛されています。

マネケンでは毎月変わる月限定商品と、シーズンごとに変わる期間限定商品がありますので行くたびに新しい味を楽しめますよ!

<店舗情報>
【住所】  倉敷市阿知1丁目1-1 JR倉敷駅2階改札外コンコース
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】 無休

アメリカンフード「ワッフルチキン」

続いてはこちら!倉敷市有城のヴェニスエイトコーヒーハウス(VENICE 8 COFFEE HOUSE)です!

店内にはコロナが流行する前まで1年の半分をアメリカで過ごしていたご主人が集めたレシートや雑貨などがずらりと並べられています!聞くところによると、洋服の買い付けなどをしていたご主人がマンハッタンの「デリ」をもとにして洋服や靴の販売と一緒に飲食を始めたそうです。

アメリカンな店内で作られるワッフルが「チキン&ワッフルズ」

チキンにシロップ?とはてなマークがいっぱいになる食べ物ですが、食べてみると甘しょっぱい味がハマるーーー!

チキン&ワッフルはアメリカではソウルフードで、専門店がたくさんあるそうなんです。ごはんとして食べられるため生地はほんのりしょっぱめ!

そして上にかけられたスパイスには、ドライチリとドライライムが入っていて、すっぱ辛さが食べた人を虜にするとか!最後にバターを乗せて、メープルをかけたら完成です。

中毒性がある味で、お店でいま1番人気の商品です!

<店舗情報>
【住所】  倉敷市有城501-4
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】 水

ロンドンの中華街で人気!バブルラップワッフル

最後は倉敷市四十瀬のCOREです!平日の午前11時から午後1時までの2時間だけ開店しているワッフル屋さんです。

去年の春に岡山市北区の問屋町から移転してきたお店で、販売しているのはロンドンの中華街で大人気の「バブルラップワッフル」

見たことない形で驚き!!!丸い形に焼き上げたワッフル、見た目も可愛らしくてまさに「映え」ますよね!具材には、甘いものやサラダ系など、種類があります!

食感はというと…とってももちもちなんです!想像と違った!美味しい!!

そしてこの一風変わったワッフルを自宅で作って楽しくアレンジできるようにと冷凍の生地を販売しているんです!おうちじかんに持って来いですよね!

お店かインターネットで購入することができます!「COREワッフル」で検索してみてくださいね!

<店舗情報>
【住所】  倉敷市四十瀬111-1
【営業時間】11:00~13:00
【定休日】 土・日

ココット
みなさんはどのワッフルが気になりましたか?食べ比べしてみるのもオススメです!