1. KCTコミちゃんTOP  >  
  2. おためし視聴動画  >  
  3. ハッチョウトンボ 舞い始め

おためし視聴動画

ハッチョウトンボ 舞い始め

総社市福井のヒイゴ池湿地では、世界最小クラスのトンボ「ハッチョウトンボ」が舞い始めました。

体長わずか2センチにも満たないハッチョウトンボ。日本で見られるトンボとしては最も小さいともいわれています。茶褐色の縞模様がメス、成長すると赤くなるのが雄です。岡山県のレッドデータブックに保護を必要とする「留意種」として登録されており、総社市や地域住民などが保護活動を進めています。今年は、5月11日にはじめて確認されました。今日は、20匹以上が、時おり葉や茎で体を休めながら、スイスイと飛んでいました。


【インタ】北の吉備路保全協会萱原潤さん

ハッチョウトンボは、6月終わりごろがピークだそうそうです。

※この動画はおためし視聴用の動画です。
KCT-NetまたはKCT-光サービス加入者の方は、KCTコミちゃん内の動画をすべて視聴することができます。

KCT-Netサービスについてはこちらをご覧ください。
KCT-光サービスについてはこちらをご覧ください。

最終更新日: 2017年6月7日(水) 17:57 担当者:

このページのトップ

JASRAC許諾番号:5770546002C21040