倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

夏の高校野球 岡山大会

倉敷青陵高校

「全力出し切れ!」をスローガンに、マネージャーを含め32人のメンバーで夏の舞台へ向かいます。去年の夏の県大会は8年ぶりのベスト16。今年の春は8年ぶりに県大会へ出場して、およそ四半世紀ぶりに白星を挙げました。

夏の過去5年の成績
今春の県大会の成績
2023年 ベスト16
2回戦敗退
2022年 1回戦敗退
 
2021年 1回戦敗退
 
2020年 2回戦敗退
 
2019年 1回戦敗退
 

インタビュー

やま りょう主将
■これまでを振り返って
秋はチームもまとまらず チームとしての力が思い切り出せなかったですが 秋、冬とトレーニングを重ねるうちにチームのまとまりも出てきました。春になって県大会出場できたし 勝ち星を重ねることが多くできるようになり いいチームの仕上がりです。
ふじむら しゅんすけ監督
■今年のチームはどんなチームですか
去年のチームと比べて バッティングの力が強いものになっています。 鋭いスイングができるのがチームの売りです。(今春から)低反発バットになったが それをものともしないような打球を飛ばすことができ、そこが他にはないチームの強みだと思います。

注目

はら あきひろ選手(3年)

■アピールポイント
身体が開くのが今まで早く逆方向に力が伝わりづらい状況でした。それを引き寄せて逆方向に打てるよう意識しました。

■夏に向けての抱負
チャンスで回ってくる場面が多いので チャンスで一本を目指してやっています。最後の夏の大会は 最後まであきらめずがんばりたいです。
 きよあき選手(3年)

■アピールポイント
逆方向にも強い打球が飛ばせるようがんばってきたのでそこが持ち味です。

■夏に向けての抱負
後ろにいいバッターがいるので つないでいけるよう 意識してがんばりたいです。
やま りょう投手(3年)

■夏に向けての抱負
二段モーションによって右足に体重が乗って力強い球も投げられるようになりました。チームメートを信じて 打たせて取る、内野の凡打の山を築いて一勝一勝に近づいていけたらと思います。

ふるかわ たい選手(3年)

■夏に向けての抱負
山手投手は球を低めに集め、コントロールがいいです。日によって球のキレ 球種によっても変わるので、その日のベストな球を選んでリードしたいです。

2023年のチーム紹介 2022年のチーム紹介

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040