倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

KCTニュース 月~木/17:00~17:30 他   KCTニュース 金・土・日/17:00~17:15 他

総社市 新型コロナワクチン集団接種の予行演習

総社市は新型コロナウイルスワクチンの集団接種をスムーズに進めるため市民参加型の予行演習を行いました。

予行演習は実際に集団接種の会場となる総社市保健センターで1時間に80人の接種をめざして行われました。
地域づくり協議会や民生委員などの市民が参加し、総社市の職員と市内の医療関係者が対応にあたりました。
総社市のワクチン接種はまず、郵送で届く接種券をもとに予約を取って自分が選んだ時間に会場に出向きます。
体調に異変が見られる人と通常の人を分けたあわせて4カ所で接種するという流れです。
自宅であらかじめ記入した問診票を受付で提出し、過去の副反応の聞き取りなどを受けます。

接種にかかった時間はおよそ5分で職員と医療関係者は実際の流れや受け答えなどを落ち着いて確認していました。
接種後は体調に異変が見られる人は30分間、通常の人は10分間の経過観察が行われました。
また、経過観察中にアナフィラキシーショックを起こした人の救急対応の手順も確認していました。
このほか、通訳が必要な聴覚障がい者や市内に1820人いる外国人の対応も取られていました。

1時間の予行演習で今回接種できたのは目標の80人を20人下回る60人という結果となりました。
総社市は集団接種会場の配置や誘導の仕方を改めて検討すると同時にワクチンを接種できる医療機関の確保と住民への正しい情報の発信にも努めていきたいとしています。

【インタビュー】
・総社市 片岡聡一 市長
「市民には問診票の記入と肩の出しやすい服装をお願いしたい」


4月からの65歳以上の接種開始を想定している総社市は、16歳未満を除く人口6万人のうち希望するすべての人の2回分の接種を9月末までに終えたいとしていて1日に750回接種できる体制を整えています。
集団接種では、1日あたりおよそ300回から400回程度の接種が期待できるということです。
  • 最終更新日:2021年2月24日(水) 12:27
  • 担当者:小西陶子

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040