倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

KCTニュース 月~木/17:00~17:30 他   KCTニュース 金・土・日/17:00~17:15 他

作陽高校が倉敷に移転 新校舎の概要発表

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
津山市にある作陽高校が2023年4月から倉敷市玉島へ移転することになり高校は新しくできる校舎の概要などについて発表しました。

会見には作陽学園の松田英毅会長など関係者が出席しました。
移転先はJR新倉敷駅の近くで農地だった場所に新たなに学校を整備します。
新校舎は敷地面積およそ7万平方メートルで校舎は3階建てです。
きのう1日から建築工事が始まり、来年の12月末に校舎が完成する予定です。
敷地内には人工芝のサッカーコート2面やテニスコート、柔道場などを設置し、スポーツ施設を充実させます。
作陽高校の新校舎の開校は2023年4月の予定で、津山市の校舎に通う在校生は開校のタイミングで倉敷市の新校舎に移ります。
移転後も生徒の募集定員は変わらず、各学年240人となっています。
作陽高校は津山市から倉敷市に移転することでアクセスの良いJR新倉敷駅を拠点に県南や近県からの生徒を集めるほか、系列のくらしき作陽大学との距離も近くなることから高校と大学の連携強化を目指します。
2023年4月の開校のタイミングで学校名を作陽学園高等学校に変更する予定です。
  • 最終更新日:2021年9月2日(木) 19:54
  • 担当者:引地麻衣夢

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040