倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

女子バレー・倉敷アブレイズ 総社の小学校で交流事業

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
女子バレーボールチーム・倉敷アブレイズの選手たちが、総社市の神在小学校の児童と交流しました。

キレのある力強いスパイクに、子どもたちはびっくり。
そして、レシーブに挑戦です。
倉敷アブレイズの選手たちと交流したのは、神在小学校の5・6年生41人です。
体育館では、「つなぐ」ことを意識した運動やレクリエーションを選手と一緒に楽しみました。
ソフトバレーボールのミニゲームは、特別ルールを採用。
バレーは3回以内でパスをし相手コートに返すのがルールですが、今回は何度でもOKにして、パスがつながったときの楽しさを味わってもらいました。
プレーでも応援でも、笑顔がはじけるひと時となりました。
倉敷市水島を拠点にする倉敷アブレイズは、社会人バレーボールのトップリーグ・Vリーグ入りを目指して活動しています。
チーム発足4年目の今年は、全国大会に初出場したほか、格上のチームにエキシビションマッチで勝利するなど、勢いに乗っています。
今回の小学校での交流は、キャリア教育の一環として初めて行われました。
倉敷アブレイズの活動を知ってもらうとともに、スポーツ選手の生の声を聞くことで、子どもたちの職業観を育くむことが狙いです。また、全体練習以外に自主練習を重ねていることなど、スポーツ選手としての厳しさも隠さず伝えました。
そこで、勉強に例えて子どもたちに聞いてみると・・・
子どもたちはVリーグという夢を目指す選手たちを憧れのまなざしで見つめていました。
倉敷アブレイズでは、今後も地域貢献事業の一環として今回のようなキャリア教育を倉敷、笠岡、総社の小学校で予定しているということです。
  • 放送日:2022/09/15(木)
  • 担当者:六路木 謙治
おすすめ記事
倉敷青年会議所 次期理事長に初めて女性就任へ
玉野商工会議所と日本公庫 事業承継を支援する協定締結
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
児童虐待防止・DV根絶 倉敷駅前で啓発活動
天満屋倉敷店 イタリアの特産品が一堂に
倉敷・味野小学校 地元特産のデニムでコサージュ作り
11月23日 新型コロナ感染 3人死亡 倉敷市保健所530人 県内2156人 
玉野市議会12月補正予算 一般会計補正予算案など発表

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040