倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

玉野・玉原小児童 コンビニ社員からフードロス問題学ぶ

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
玉野市の玉原小学校で、児童が大手コンビニエンスストアの社員からフードロス問題について学びました。


授業には、特別支援学級の1年生から6年生の児童14人が参加しました。
講師を務めたのは、セブンーイレブン・ジャパンの田部大貴さんです。
岡山市や瀬戸内市の店舗の経営マネジメントを行う田部さんは、現場の視点からフードロスについて感じていることや取り組んでいることについて話しました。
日本では、年間2000万トン以上の食品が廃棄されていて、そのうちの2割がまだ食べられるものです。
セブンイレブンでは、廃棄の量を減らすために、賞味期限が長い商品や食べきりサイズのものを開発したり動物のエサや植物の肥料に活用したりしていることを紹介しました。
そして、児童たちがすぐに実践できそうな「てまえどり」という買い物方法を呼びかけました。

玉原小学校では、支援学級の児童たちがフードロスや環境問題を考えて買い物ができるようになることを目指しています。
3学期中には実際に買い物へ行く予定となっていて、児童たちは、それを前に気を付けるべきことを学べたようでした。

この出張授業は、玉野市が2019年にセブンイレブンと結んだ地域活性化包括連携協定の取り組みの一環として市内の小学校で行われているものです。

セブンイレブンの出張授業は、今月25日に鉾立小学校でも行われる予定です。
  • 放送日:2023/01/19(木)
  • 担当者:森絢子
おすすめ記事
遊びや体験活動で交流 倉敷市こどもまつり
町を変える提案続々 はやしま子ども議会
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
2月4日新型コロナ感染 3人死亡 倉敷市保健所 188人 県内 778人
倉敷・種松山公園 ロウバイ咲き始め
倉敷中央病院の助産師など製作 “かわいい”子宮の模型で学んで
自閉症の作家・大薮 龍生さん 地元・真備町で個展を開催 
1月23日 新型コロナ感染 2人死亡 倉敷市保健所79人 県内789人

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040