倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他   金・土・日/17:00~17:15 他

月~木/17:00~17:30 他
金・土・日/17:00~17:15 他

解体前の壁画に命を吹き込む 高校生の巨大壁画アート

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
総社市の高校生が解体前の倉庫の壁画に描いた巨大アートが完成しました。
作品のテーマは「生命力」。
様々な表情の群衆や空を見つめる大きな目など鮮やかな色使いで表現しています。
制作したのは総社南高校2年で美術部部長の日岡 朔人さんです。
去年11月から制作をはじめ、今月7日に完成しました。
壁画アートが描かれたのは総社市門田のガス会社三備石油の倉庫です。
三備石油はガス事業の撤退に伴い取り壊す倉庫を最後に活用してもらおうと、日岡さんに打診しました。
部活動の時間や休日を使い、およそ2カ月半かけて完成させた壁画アートには様々なメッセージが込められています。
人が叫び声を上げた様子の反対には口をつぐんだ人。
情熱を発揮できた人と情熱を抑えられた人を表し、中央の信号機はその分かれ道となっています。
これらの作品が見られるのはあと一週間ほどで、20日からは倉庫の解体が始まります。
作品は今月20日から解体されますが、それまでは誰でも自由に鑑賞できるということです。
また、3月から事務所横の倉庫にも地元の高校生による壁画アートが制作されるということです。
  • 放送日:2022/01/13(木)
  • 担当者:成山葵
おすすめ記事
倉敷・真備の豪雨災害仮設住宅 市場仮設団地 撤去作業始まる
総社市山手地区 セロリの産地継承進む
総社市 新型コロナワクチン 高齢者に3回目接種開始
コロナ対策で規模縮小 総社市消防出初式
倉敷・児島の民話 「金浜の伝説」がアニメ化
1月9日新型コロナ感染状況 倉敷19人玉野2人総社1人感染
岡山県 新型コロナ レベル2引き上げ オミクロン株特別警戒期間に
船穂スイートピー 県内13のJA直売所で販売

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040