倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

総社市山手地区 セロリの産地継承進む

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
総社市の山手地区でセロリの収穫が最盛期を迎えています。
高齢化などで生産農家が減少していく中、セロリの産地を守ろうと継承が進められています。


大きいもので1株2キロある立派に育ったセロリを収穫していきます。
総社市西郡のそうじゃ地食べ公社のハウスの中では今セロリの収穫が最盛期を迎えています。
セロリの出荷は12月から始まり4月まで続きます。
そうじゃ地食べ公社では今シーズン1万4000株のセロリを出荷する予定です。
総社市山手地区のセロリは苦みなどのクセが少なく食べやすいのが特徴で数年前から「マイルドセロリ」の名前で出荷されています。
家庭用や贈答用としても人気があり総社市内ではそうじゃ地食べ公社の直売所や農マル園芸などで販売されています。
総社市山手地区ではおよそ40年前には100戸の農家がセロリの生産に取り組み地区内には多くのハウスが立ち並んでいました。
しかし、農家の高齢化や栽培に手間がかかることなどから生産者が減り今では5戸になっています。
そうじゃ地食べ公社では山手地区特産のセロリを絶やしたくないという思いを持っています。
去年の4月には19歳の職員2人を採用し継承していこうと考えています。
新入社員の1人山邉竣也さんは総社市出身で農業高校を卒業し、そうじゃ地食べ公社に入りました。
栽培責任者の風早悟さんが新入社員へ栽培技術を伝えています。
風早さんは若い人たちに産地をより盛り上げてほしいと期待を寄せます。
生産者の思いで守り続けられる山手地区のセロリの収穫は4月まで続きます。
総社市西郡にあるそうじゃ地食べ公社の直売所では1株600円から900円で販売されています。
「マイルドセロリ」は大きいも特徴でして2Lサイズは2キロと一般的なセロリの2倍あります。
ぜひみなさんも今が旬のセロリを味わってみてください。
  • 放送日:2022/01/18(火)
  • 担当者:岡村祐紀
おすすめ記事
版画の魅力を伝える 版表現の楽しみ展
倉敷中央高校看護科で継灯式
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
総社・障がい者支援事業所 ウクライナ支援マスク販売開始
アートで魅力を発信 高梁川流域アート作品展
5月16日 新型コロナ感染 県内371人 倉敷123人 玉野13人 総社8人 
国重文・大橋家住宅 歴史ある町家を生け花で彩る
きょうは立夏 キャンプ場盛況

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040