倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

総社市新本の古代米・赤米 地元児童と相川大使が田植え

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
古代米・赤米が伝わる総社市の新本本庄国司神社神田で地元の小学生と総社赤米大使の相川七瀬さんが田植えを行いました。

田植えには新本小学校の5年生13人のほか、総社赤米大使を務める歌手の相川七瀬さんが3年ぶりに参加しました。
田植えに先立ち行われた神事では、相川さんや代表児童が玉串を奉納し、豊作を願いました。
新本小学校では、地元の赤米文化を学ぶため、毎年小学5年生が赤米づくりを行っています。
子どもたちは、赤米保存会のメンバーや相川さんとともに新本本庄国司神社の1. 8アールの神田で田植え作業に挑戦。
ぬかるんだ土に足をとられながらもひとつひとつ丁寧に苗を植えつけていました。
神田の赤米は11月中旬に収穫し、旧暦11月の霜月祭りで神社にお供えする予定です。
  • 放送日:2022/06/17(金)
  • 担当者:引地 麻衣夢
おすすめ記事
JR倉敷駅周辺の高架事業前進へ 倉敷市議が整備促進に向け連盟設立
倉敷美観地区 川沿いの柳が夏の装い
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
中国地方が梅雨入り みやま公園・アジサイ
6月21日 新型コロナ感染 県内で新たに142人 倉敷28人 総社3人  早島2人 玉野1人
玉野市 臨時市議会で補正予算案可決 鉾立小木造校舎の耐震化は再検討へ
総社市議会6月定例会閉会 民間病院へ約10億円支援を可決
総社市 医療体制強化に向け補正案 民間病院へ約10億円支援

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040