倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷駅前「まるごと美術館」 優秀作品を表彰

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
倉敷駅前の通りをアート作品で彩る「商店街まるごと美術館」が今年も16日からはじまります。それを前に、応募の中から選ばれた
優秀作品の表彰式が行われました。

「商店街まるごと美術館」は2013年から倉敷商店街振興連盟が主催して、今年で10回目を迎えました。
飾られている絵画は、大原美術館の名画を見本にして、主に子どもたちが自由な発想で描いた「アート」作品です。
毎年コンテストとして作品を募っていて、今年はモネの「睡蓮」など5つの作品を題材にして描いた、201点が寄せられました。
そして、加計美術館の児島塊太郎館長など、5人の審査委員が優秀作品31点を選びました。
グランプリに輝いたのは、倉敷市の大学1年生日吉晴音さんです。
セガンティーニの「アルプスの真昼」を題材に、色鉛筆で描いたものです。
セガンティーニの光をうまくとらえ、デッサン力、そして色彩感覚も高く評価されました。
日吉さんは、7年前のコンテストでもグランプリに選ばれています。

このほか、金賞には、小迫眞大さん、土井絢太さん、坪井優空さんの3人が選ばれ、それぞれ表彰されました。
10周年を迎えた今年は応募作品が200点を超え、商店街もアートの力でにぎわいそうです。

優秀作品は、倉敷駅前から美観地区にかけての商店街に、今月16日から年末まで展示されます。
  • 放送日:2022/11/13(日)
  • 担当者:六路木謙治
おすすめ記事
回収困難な場所から ドローンで海ゴミの搬出実験
第30期 倉敷藤花戦第二局 里見倉敷藤花が連勝 8連覇達成
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
女子バレー 倉敷アブレイズ Vリーグ参入を市長に報告
11月21日  新型コロナ感染 倉敷市保健所85人 県内672人 
総社市 ペット共生条例を議会に提案
8年ぶりの開催 田淵愛子さんパッチワーク展
年賀状の魅力伝える 郵便局で「笑い文字」プレゼント

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040