倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷市立美術館 コレクション展 新収蔵作品お披露目

倉敷市立美術館では、新たな収蔵作品を中心としたコレクション展が開かれています。

会場には、令和3年度に新たに加わった収蔵作品を中心に絵画や工芸品など50点が展示されています。
倉敷市立美術館は郷土ゆかりの日本画家池田 遙邨から作品の寄贈を受けたことがきっかけで、1983年、旧倉敷市庁舎を改修し、美術館として開館しました。
この度、池田 遙邨の遺族から大正時代の代表作「丘の道」の貴重なスケッチを収めた写生帖が寄贈されました。
また、東光会の佐藤 一章のもとで洋画を学び、昭和時代に県内を中心に活躍した能登 靖幸の「ろう石の山」も新たなコレクションに加わっています。

このほか、イギリス人陶芸家のバーナード・リーチに指導を受け、倉敷市羽島に窯を築いた小河原 虎吉の作品なども新たに展示されています。
倉敷市立美術館は今後も市民に開かれた美術館づくりを目指し、池田 遙邨をはじめとした郷土ゆかりの作家たちの作品を中心に収集活動を行っていくということです。
新収蔵作品が中心の倉敷市立美術館コレクション展は、3月12日(日)まで開催されています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/01/09(月)
  • 担当者:横山 佑輔
おすすめ記事
倉敷市児島・堀江明西 さくらまつり
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
2024そうじゃ吉備路マラソン フォトコンテスト表彰式
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
姉妹都市提携から50年 米・カンザスシティ市訪問団が来倉
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
5月5日 端午の節句を前に こいのぼり 春の空を泳ぐ
倉敷市議会議員補欠選挙 高校生が期日前投票所の事務体験

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040