倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

カブトガニをわしらにくれぃ! 渋川マリン水族館VSカブトガニ博物館

瀬戸内海の干潟を代表する生き物「カブトガニ」。
そのカブトガニを巡って玉野市の渋川マリン水族館と笠岡市のカブトガニ博物館が激しい論戦を繰り広げました。

玉野市立図書館で行われたトークイベント「渋川マリン水族館VSカブトガニ博物館 水域なき戦い」。
バトルの中心は「カブトガニ」です。
きっかけは瀬戸内海国立公園指定90周年記念の出張水族館でカブトガニがお披露目されることでした。
繁殖地が国の天然記念物に指定されている笠岡市のカブトガニ博物館から貸し出されたものなんですが、渋川マリン水族館側の「展示が終わったらカブトガニくれないかな~」という考えが伝わってしまったのです。
絶滅危惧種に指定され成体になるまで10年もかかるカブトガニ、時間と手間をかけた生き物をカブトガニ博物館もそうやすやすとは渡せません。
トークイベントでは、カブトガニの生息地である干潟の環境や周りの生物についても語られ、ようやくついた決着は・・・

渋川マリン水族館ではカブトガニが譲渡され次第、イベントなどで展示していく予定です。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2024/03/30(土)
  • 担当者:
おすすめ記事
倉敷市長選 現職・伊東氏が無投票で5回目の当選
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
西日本豪雨からまもなく6年 倉敷市真備町でイベント 人賑わう
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
15年の集大成並ぶ 「工房そら」15周年記念ステンド教室作品展
倉敷周辺でイチゴ狩りが体験できるスポット6選
世界の安寧を願う 倉敷市真備町 金峯寺で春の大祭
総社市初の義務教育学校 昭和五つ星学園 6・7年生が入学舎式

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040