倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

吉備再発見写生大会

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
総社市内4つの観光地の風景を絵の題材にする「吉備再発見写生大会」が開かれました。

この写生大会は、子どもたちに吉備路の魅力を感じてもらおうと、総社市文化協会が主催していて、今年で20回を数えます。
会場は備中国分寺をはじめ、井山宝福寺、清音ふるさとふれあい広場、名勝豪渓の4つです。
高校生以下なら誰でも参加でき、絵の具やクレヨン、色鉛筆など絵を描く道具も自由です。
参加した子どもたちは、爽やかな晴天のもと、それぞれの感性で吉備路の風景を切り取り描いていました。
3年ぶりに制限の無い中での大型連休となり、会場の1つの備中国分寺には家族で訪れる参加者が目立ちました。
総社市文化協会によりますと、写生大会の4会場には例年並みとなる200人ほどの参加者が訪れたということです。
写生大会に参加した子どもたちが描いた絵は5月中に審査が行われ入賞者が決まります。
なお、入賞作品展は6月4日から12日まで総社吉備路文化館で行われます。
  • 放送日:2022/05/03(火)
  • 担当者:横山 佑輔
おすすめ記事
グルグル回る! 鉄棒大車輪人形作り教室
倉敷中央高校看護科で継灯式
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
木工と焼物 羽生野亜・村上雄一 二人展
児島の精神科医・吉村さん 「こころの動き」を絵画に表現
5月8日新型コロナ感染 県内982人 倉敷市344人 総社市27人 玉野市14人 早島町1人
天満屋倉敷店 初夏の東北物産フェア
陶芸家・武内立爾 「赤と青の器」作陶展

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040