倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

国重文・大橋家住宅 歴史ある町家を生け花で彩る

国重要文化財の町家建築・大橋家住宅を独創的な生け花で彩るイベント「倉敷ハナモヨイ」が開かれています。

重厚感のある巨大なオブジェが床の間に現れました。
表現しているのは、今直面している世界情勢です。
ブルーのデルフィニウムとイエローのグロリオサ、それにヒマワリの花で、ウクライナの国旗をイメージしています。
トゲトゲしい木の根元に金網がまかれた様子は、いまのウクライナの立場や状況を表しているそうです。

手がけたのは、イベント装飾などを手掛ける早島町のアーティスト能勢聖紅さん。
去年10月に続き大橋家住宅でこの催しを開きました。
今回は、東京を拠点に活動する華道家の萩原亮大さんも加わり、独創的な作品で床の間を彩りました。
萩原さんは、和室に池を作り、ショウブとアガパンサスを生けました。
テーマは「端午の水庭」です。

二人はきょう(4日)までに制作を終え、5日からは4つの作品を鑑賞できます。

能勢さん、萩原さんによる作品展「倉敷ハナモヨイ」は、9日まで大橋家住宅で開かれています。
会期中は会場で、ウクライナ支援募金も行うということです。
  • 放送日:2022/05/04(水)
  • 担当者:六路木謙治
おすすめ記事
総社・障がい者支援事業所 ウクライナ支援マスク販売開始
重井薬用植物園 本物のショウブを観察
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
アートで魅力を発信 高梁川流域アート作品展
倉敷の繊維製品を展示・販売 倉敷繊維考房
玉野市 こども家庭支援室を新設
新型コロナ 5月15日 県内で新たに720人感染
JFEスチール新入社員 地域の幼稚園で清掃活動

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040