倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

総社・こうもり塚古墳 発掘調査で構造など明らかに

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
国の指定史跡・総社市のこうもり塚古墳では、去年から石室を覆う墳丘の発掘調査が行われてきました。
2度の調査を終え、構造などがより詳しく明らかになっています。

こうもり塚古墳は、6世紀後半に築かれた前方後円墳です。
これまでに横穴式石室の調査は実施されていましたが、墳丘では行われておらず、岡山県古代吉備文化財センターが昨年度から2年計画で発掘調査を進めてきました。
前回の調査では、前方後円墳の全長がおよそ97mであることや、古墳の構造が削った山の上に土を盛った2段構造であることが分かっています。
きょう(18日)は、2度目の調査結果を伝える現地説明会が開かれました。
今回明らかになったのは、古墳のより正確な構造です。
まず、前方部の北西側は2段構造ではなく、斜面になっていることが分かりました。
この理由として、北西側の山に掘削が難しい岩石の多い部分があることや、後に古代山陽道ができる南側からの見た目を重視して省略した可能性があると見られています。
また、前方部の高さのある部分が、古墳本来の盛り土であることが判明しました。
他の部分より高いことから後から土を重ねた可能性もありましたが、発掘の結果、数種類の土を交互に積み上げた構造の古墳を作った当時からある盛り土だと分かりました。
そのほか、前方部の端が直線であることなども明らかになり、参加者たちは興味深く説明を聞いていました。
岡山県古代吉備文化財センターは、今年度中に調査報告書を作成し、県内の図書館や大学の研究室などに配布するほか、ホームページでも情報を公開する予定です。
  • 放送日:2022/06/18(土)
  • 担当者:森 絢子
おすすめ記事
岡山デスティネーションキャンペーン エリアの内容は?
水島商店街の土曜夜市が3年ぶりに開催!7月2日から毎週土曜日
新潟・山形の大雨被災地に派遣 支援物資届けた倉敷市職員 任務完了報告
駅前に新たな憩いの場 複合施設「ヒュー早島」オープン
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
7月 29日 新型コロナ感染 2人死亡 県内2403人 3日連続2千人超え 倉敷過去最多 玉野クラスター1件 倉敷666人 総社78人 玉野70人 早島34人
8月5日新型コロナ感染 5人死亡 県内3298人 2日連続最多を更新 倉敷778人 総社126人 玉野105人 早島30人
四国インターハイ バドミントン競技 女子シングルスで倉敷中央 吉川選手が優勝

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040