倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷市 内水被害を減らす 浸水対策の協議会発足  

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
西日本豪雨をはじめ全国で発生する大規模な水害を受け、倉敷市は浸水対策を検討する協議会を設置し、一回目の会議を開きました。

倉敷市では、真備町の1200ヘクタールが水に浸かった平成30年7月豪雨をはじめ、大雨や台風による浸水被害が相次いでいます。
そこで市は今年3月、浸水対策を推進するための条例を制定し(倉敷市総合浸水対策の推進に関する条例)、外部の有識者で構成する協議会を設置しました。
第1回の会議では、行政、学識経験者、防災士、商工団体の代表者など10人を委員に委嘱し、委員長に岡山大学大学院の西山哲 教授を選びました。
今年度は、ハード、ソフト対策を盛り込んだ「総合浸水対策基本計画」の策定に向けて議論します。
このうちハード事業では、雨水を地下に貯める施設の整備促進を掲げています。
公共施設では、あちてらす倉敷や市民会館の駐車場に導入されていて、今後は2000平方メートルを超える民間開発でも排水計画が必要になります。
また、ソフト事業では、内水氾濫を防ぐ「田んぼダム」の普及や、市民への啓発を掲げています。
委員からは、「倉敷市が地形的に浸水しやすいため、市民が危機意識を持つことが必要」などの意見が上がりました。
今年度はあと3回ほど会議を開き、今年度末の基本計画答申を目指します。
  • 放送日:2022/07/25(月)
  • 担当者:成山葵
おすすめ記事
岡山デスティネーションキャンペーン エリアの内容は?
水島商店街の土曜夜市が3年ぶりに開催!7月2日から毎週土曜日
8月8日新型コロナ感染 県内2228人1人死亡 倉敷547人玉野80人総社78人早島19人
2年半ぶり開催 JFE親子工場見学会
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
8月 2日 新型コロナ感染 県内2143人 2日ぶり2千人超え クラスター 倉敷2件、早島1件 倉敷442人 玉野62人  総社56人 早島24人
児童が将棋日本一目指し熱戦 大山名人杯争奪 全国小学生倉敷王将戦
総社・夏祭り 御崎神社でわくぐり祭

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040