倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

総社市 観光PRバス始動 「鬼ノ城バス」出発式

県内の観光を盛り上げようと7月から始まった「岡山デスティネーションキャンペーン」に合わせ、総社市はきょう(11日)、鬼のラッピングが施された送迎バス「鬼ノ城バス」の運行を開始し、その出発式が行われました。
国民宿舎サンロード吉備路で開かれた出発式には、総社市の中島邦夫副市長をはじめ県タクシー協会などから関係者およそ10人が参加しました。
お披露目されたのは鬼ノ城の鬼『温羅』をモチーフにデザインされたバスです。
総社市は「岡山デスティネーションキャンペーン」で鬼ノ城をアピールポイントにしていることから、車体は遠くからでも『温羅』と分かるよう、正面に牙のある顔、横には金棒やトラ柄のパンツなどをあしらったデザインが施されています。
バスは赤色と青色の2台で、きょうから来月25日までの合わせて11日間、サンロード吉備路から鬼ノ城までの経路で走ります。
運行初日となったきょう(11日)は総社市観光協会の 佐野誠会長の号令で出発しました。
鬼ノ城バスの乗車チケットは2000円で販売され、1000円分のクーポン券が付きます。
クーポン券はサンロード吉備路と吉備路もてなしの館で利用できます。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2022/08/11(木)
  • 担当者:下田崇晃
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
総社市議会6月定例会 ライドシェア実証運行など 補正予算案可決
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
子供自転車県大会   児島・味野小6年生優勝報告
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
総社市の小学生 着衣泳で身を守る練習
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
玉野海上保安部 漂流者の人命救助を表彰

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040