倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

旭化成と倉敷市 CO2削減の新技術に向け協定

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
バイオガスから高純度の二酸化炭素を取り出す技術の実用化を目指している旭化成水島製造所は児島下水処理場で発生するバイオガスを利用して実証実験を行う協定を倉敷市と結びました。

協定の締結式には倉敷市の伊東香織市長と旭化成水島製造所の櫻井和光所長などが出席しました。
倉敷市と旭化成水島製造所は二酸化炭素の排出を実質ゼロにすることを目指すカーボンニュートラル社会の実現に向けた包括連携協定とその取り組みの1つとして児島下水処理場でCO2削減に向けた新たな技術の実証実験を行うための協定を結びました。
旭化成では発酵などにより発生するバイオガスからゼオライトと呼ばれる軽石のような鉱物を使い二酸化炭素のみを取り出すことのできる独自の技術開発を水島製造所で行っています。
その技術の実証実験のため倉敷市の児島下水処理場にあるバイオガスを使った発電設備の周辺に旭化成が実験施設を整備します。
実験では下水処理の課程で発生するバイオガスを使用し開発したゼオライトでメタンガスと二酸化炭素が上手く分けられるかをテストします。
この技術が実用化されればメタンガスをエネルギーとして利用できることや二酸化炭素の新たな活用も期待されています。
今回の協定では倉敷市が実験場所を提供しCO2削減の取り組みを後押しします。
施設の整備は来年からはじまり2024年から1年間実証実験を行います。
  • 放送日:2022/09/15(木)
  • 担当者:岡村 祐紀
おすすめ記事
1月23日 新型コロナ感染 2人死亡 倉敷市保健所79人 県内789人
桑木志帆選手がスマホで確定申告の模擬体験
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
県内150の事業者が参加 食品や雑貨の展示商談会
1月24日 新型コロナ感染 7人死亡 倉敷市保健所 409人 県内 1433人
2月2日新型コロナ感染 県内979人 死亡3人 倉敷市保健所227人
倉敷市・サンクトペルテン市姉妹都市提携 65周年を記念し美術作品を寄贈
倉敷市防災会議 地域防災計画を修正

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040