倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

事業所が消火・救命技術競う 総社ファイヤー・セービング大会

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
総社市内の事業所が消火技術や救命技術を競う「総社ファイヤー・セービング大会」が開かれました。

大会には、総社市防火協会に加入している事業所から男子14チーム、女子12チームの合わせて26チームが参加しました。
この大会は、事業所の消火と救命技術の向上などを目的に総社市防火協会と市消防本部が主催するもので、新型コロナの影響で3年ぶりの開催となります。
競技の様子競技は、事業所で火災が発生したとの想定で行われました。
2人1組で119番通報と初期消火活動を行った後、倒れている人を見つけ、心臓マッサージやAEDで救急隊員が到着するまでの救助活動にあたります。
審査は消防署員が行い、スピードや正確さを採点。
参加者は日頃の訓練の成果を出そうと3年ぶりの大会に臨んでいました。
  • 放送日:2022/10/05(水)
  • 担当者:引地 麻衣夢
おすすめ記事
倉敷商工会議所青年部 大原美術館で感性磨くセミナー
総社市議会11月定例会開会 人とペット共生社会実現の条例案提案
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
76年の歴史に幕 羽島窯 最後の窯出し展
11月26日新型コロナ感染 倉敷市保健所480人 県内1973人 死亡2人
倉敷市の主婦 名取さん 初の日本画展
年賀状の魅力伝える 郵便局で「笑い文字」プレゼント
天満屋倉敷店 イタリアの特産品が一堂に

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040