倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

倉敷市よい子いっぱい基金 未来を考える会が寄付

倉敷市の個人や企業による会員組織未来を考える会が、倉敷市のよい子いっぱい基金に50万円を寄付しました。

未来を考える会の岡本啓志副会長、高谷耕治副幹事長、佐藤公彦事務局長の3人が倉敷市役所を訪れ、伊東香織市長に寄付金50万円の目録を手渡しました。
未来を考える会は、2013年1月に設立し、企業経営者や個人約100人の会員で構成しています。
設立当初から青少年育成の取り組みを続けていて、今年もチャリティゴルフ大会で集まった寄付などを、よい子いっぱい基金に託しました。
よい子いっぱい基金は、昭和54年に大山茂樹市長の寄付をもとに始まり、中学生の立志式や弁論大会、絵画作品展などの事業費に充てています。
今年度は、今回(11月22日)の寄付を含め9件、92万1810円が集まっています。
  • 放送日:2022/11/22(火)
  • 担当者:六路木 謙治
おすすめ記事
倉敷青年会議所 次期理事長に初めて女性就任へ
市内の飲食店、事業所を支援 たまの のごちそう弁当イベント
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
総社市議会11月定例会開会 人とペット共生社会実現の条例案提案
11月18日 新型コロナ感染 3人死亡 倉敷市保健所302人 県内1341人
11月30日 新型コロナ感染 1人死亡 倉敷市保健所533人 県内2060人
倉敷鷲羽高×高梁城南高で考案 甘酒や紅茶を仏の展示会に出品
11月19日 新型コロナ感染 倉敷市保健所358人 県内1365人 

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040