倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

市内82校から集まる 倉敷っ子なかよし作品展に3000点

倉敷市内の障がいのある児童・生徒による作品を集めた「倉敷っ子なかよし作品展」が倉敷市立美術館できょう(24日から)始まりました。

開会式では児童生徒代表第二福田小6年の成田 隼人さんが、「作品展の開催をとても楽しみにしていました。
みんなが一生懸命つくった作品を多くの人に見てもらいたいです」と挨拶しました。
続いて、くす玉を割って作品展の成功を祈りました。

倉敷っ子なかよし作品展は、特別支援教育へ理解と協力の輪を広げようと、毎年開かれていて、今年で34回を数えます。
会場には、倉敷市内の小中学校の特別支援学級や倉敷支援学校など合わせて82校から約3000点が集まりました。絵画や工芸といった図工科の作品をはじめ、習字や作文など国語科の作品、被服・手芸など技術家庭科の作品が展示されています。
つい手を伸ばして食べたくなるような美味しそうなピザ。
こちらは倉敷支援学校小学部1学年の17人がリアルさを追求して完成させました。
ソースの色や具材の種類、それぞれの置く場所を工夫したほか、粘土や毛糸などの素材で立体感を出し、より本物に近くなるように仕上げました。
このほかにも、子どもたちが創意工夫と努力を重ねて作り上げた作品が並び、訪れた人の関心を集めていました。
倉敷っ子なかよし作品展は今月29日(日)まで倉敷市立美術館で開かれています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/01/24(火)
  • 担当者:横山 佑輔
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
県内「定点把握」1医療機関当たり 新型コロナ 県2.73人 倉敷市3.06人
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
新本小児童と相川七瀬さんが赤米の 田植え
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
ロックな愛を大声で叫ぶ 「たまののロック(岩)の日」
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
地元作家の力作並ぶ 玉野美術秀作展 開催

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040