倉敷・総社・玉野・早島・岡山その他の地域情報をお届け

KCTニュース

月~木/17:00~17:30 他

月~木/17:00~17:30 他

鉛筆素描画 約50点を展示 医師だった村山正則さんの回顧展

倉敷市児島で医師として働きながら画家やエッセイストとしても活動していた故・村山 正則さんの鉛筆素描画作品展が倉敷ファッションセンターで開かれています。

会場には村山さんが2020年に93歳で亡くなるまでに遺した鉛筆素描画約50点が並んでいます。
「肖像」、「子供の情景」、「郷里の情景」など5つのテーマごとに作品が展示され訪れた人は、ほのぼのとしたタッチで描かれた作品に見入っていました。
『食べすぎですな!』と題されたこちらの作品からはユーモアがあり多くの患者から慕われていたという医師としての村山さんの足跡が感じられます。
この作品展は、児島文化協会会長を務め倉敷市文化章を受章するなどの経歴も持つ村山さんを顕彰し、その作品を地域の多くの人に知ってもらおうと今回、初めて開かれました。
倉敷市児島地区の文化や芸術を振興しようと村山さんも設立に携わり会長を務めた団体「蒼穹会」が主催し企画したものです。

「鉛筆素描 村山 正則 回顧展」は今月(5月)21日(日)まで倉敷市児島駅前の倉敷ファッションセンターで開かれています。
なお、回顧展に合わせ会場では村山さんの作品集も販売されています。

KCTニュース動画

ご迷惑をおかけいたします。現在、混み合っています。(KCT-Net非会員様:こちらの動画は会員専用のサービスです)
  • 放送日:2023/05/15(月)
  • 担当者:横山 佑輔
おすすめ記事
【倉敷周辺イベント情報】今週末のおでかけ、どこに行く?
早島町議会・追加提案 スポーツ施設に指定管理者を導入
親子と楽しい時間を ママ友パネルシアター奮闘中
倉敷市真備町の竹家具メーカー 世界的デザイン賞受賞を市長に報告
みんなの思いを乗せて甦れ!貴重な国鉄車両
早島町議会6月定例会 10議案を全会一致で可決
【夏の高校野球岡山大会】組み合わせ速報2024
倉敷市立市民病院へ 地元出身アーティストが作品寄贈

Copyright (C) KCT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

JASRAC許諾番号:5770546002C21040